解体工事で一気に分解しよう|住宅環境改革案内所

工事

雨漏り修理の流れ

雨漏りした天井

業者による雨漏り修理の流れは、非常にシンプルです。まずは申し込みを行ないましょう。インターネット上に雨漏り修理の専門業者を紹介しているサイトはごまんと存在するので、良い口コミが多い業者や地元にある人気業者などを探し、目星を付けましょう。ほとんどの業者が公式サイト上に電話番号や予約フォームを設けているので、そこから申し込みを入れます。できれば事前にいつ頃から着工してもらいたいか、スケジュールを確認しておきましょう。業者間と連絡が取れ、修理工事の日程が決まれば、あとはその日を待つだけです。指定した日から早速修理工事が始まります。修理が完了したら、現場責任者や担当者との立会の元、工事内容の確認を行ないます。仕上がりに納得できたらそこで工事は終了となります。請求書を発行し支払いが済んだら、そこで雨漏り修理の一切が終了となります。

雨漏りが発生する箇所は、主に家屋の屋根部分です。雨漏り修理の専門業者に修理の依頼をすると、その修理箇所の範囲の広さによって修理費用が変わってきます。屋根の一部分の修理であれば、20万~50万円くらいの費用が発生します。もし屋根を全体的に大きくリフォームするのであれば、100万円は超えるものと考えましょう。もし下地ごと交換する必要性があれば、合計で120~180万円くらい発生することもあります。もちろんこれはあくまで目安であり、業者や修理箇所の数、大きさによって大きく変わってきます。無料見積もりを行なっている業者も少なくないので、まずは見積もりを出してもらってから考えるとよいでしょう。

Copyright© 2016 解体工事で一気に分解しよう|住宅環境改革案内所 All Rights Reserved.